数基礎.com

数学をやり直したい大人の方が、基礎の基礎を固めることができます
小学校6年間の算数を完璧に理解するための無料学習サイトです
就活SPI数学の基礎固めや、新入社員の基本計算力確認に便利!

時速の求め方

速さ・時間・距離の計算は、公式を丸暗記するのではなく、下の表を覚えてしまいましょう。

速さ・時間・距離の求め方

この表の、文字の位置を覚えるだけで速さや距離の式がわかり、時速の求め方もすんなり解けます。簡単な覚えかたはページの下です!

速さ・時間・距離

距離...速さ$\times$時間$=$距離
距離の求め方

速さ...距離$\div$時間 つまり、$\displaystyle{\frac{距離}{時間}=速さ}$
速さの求め方

時間...距離$\div$速さ つまり、$\displaystyle{\frac{距離}{速さ}=時間}$
時間の求め方

この表のとおりですから、公式を覚えるより簡単ですね。

$45km$の車で$3$時間一定の速度で走り続けたとき、何$km$先まで進みますか。

表に数字を入れて計算
表に数字をいれればすぐに式ができますね。

$ 45\times3=135 $

$135km$先

! 簡単な考え方・覚え方のポイント !

時間・速さ・距離の問題が苦手な方は多いですね。下の公式の丸暗記ができないお子さんもいます。

距離...速さ$\times$時間$=$距離
速さ...距離$\div$時間$=$速さ
時間...距離$\div$速さ$=$時間

でも、下の表さえ書けてしまえば3つの公式は分かってしまいます。表の横線(青)は分数の横線と同じですし、縦線(緑)はかけ算です。

速さ・時間・距離の求め方

しかし表の形は思い出せても、距離がどで速さはどこで…という事を忘れてしまう場合もあります。小学校や塾では、「キ・ハ・ジ」と上から順に覚えさせるところもあるそうです。

でも、「キ・ハ・ジ」を丸暗記するよりも、「今日は掃除だ!」と文章で覚えてしまうともっと楽に覚えられます。

速さ・時間・距離の求め方2

今日は...今日のキョは距離のキョ
..掃除のソは速度のソ
除だ!...掃除のジは時間のジ

…という具合です。距離や速度の問題が出たら、お掃除を思い出せば良いのです。

丸暗記でも、勉強している時は覚えていられます。でも社会に出て学習する環境がなくなると、暗記していた公式も忘れてしまいます。大人が速度の問題ができないのも、3つの公式を忘れてしまっているからです。

でも、速度問題とお掃除のことさえ覚えていれば、「今日は掃除だ」と思い出せます。こういう覚え方をすると、その学習は一生ものの力になります。




数基礎.comでは、各ページに関して問題を作ってくれる先生ボランティアさんを募集しています!
数学が大好きな仲間を増やしたり、数学をあきらめかけている子供たちを救うために、一緒に社会貢献しませんか?
詳細は、お問合せページからまずご連絡くださいね。

もくじ

up-arrow